男性が相談しない理由とは?「ベストパートナーになるために」

      2018/07/14

こんにちは、かねごんです!

このシリーズでは、心理学をかじっているかねごんが、日常で役立ちそうな、もっとみなさんに知ってもらいたい心理学の豆知識をお伝えしていきます!

 

今回のかねごんの心理学は,私の永遠のテーマ!「男女の違い」について。

男女の違いを知っていれば、異性の理解できない行動も受け入れることができるようになるのではないでしょうか。そこで、今回は「どうして男の人は相談しないのか」をテーマにしていきたいと思います。

 

ベストパートナーになるために

今回は「ベスト・パートナーになるためにー男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた」を参考にしました。

この本、ある素敵な女性から教えてもらったのですが、ほんっとうに面白かったです。よくある男女のすれ違いの原因となる答えがたくさんちりばめられています。

なんとなく感じてはいるけど、言葉にはできていなかった男女の違い。

それが、明確な言葉で表現されていて、納得することがたくさん。

友達と恋愛相談になると、この本に書かれてあることをよく話します。笑
興味があればぜひぜひ読んでみてください。

 

それでは、!レッツおしゃべり(^o^)/

 

彼女に相談しなかった

弟「最近さ、彼女と喧嘩したんだけどさ、なんで怒ってんのか分かんないんだよね。」

かねごん「え、なになに(笑)なんで喧嘩したん?」

 

弟「んーとね、俺が最近テスト勉強に集中してたり、バイトやめようか迷ってたりしてあんまり彼女
と話さなかったんだよね。そしたら、なんで私に相談してくれなかったのー!?って。」

かねごん「なるほどね。弟は自分のことやし、自分だけで考えてた?」

弟「うん。別に相談するほどのことじゃないしね。」

 

かねごん「そうなんだよねー。弟はそう思ってても彼女はそう思ってなかったってことやね。男と女の違いや。」

弟「え、そうなん?どういうこと?」

 

男女でストレス対処法が違う

かねごん「男と女はストレスを感じた時の対処法が違うって言われてるんよ。女の人はあるストレスを感じた時に取る対処法が、その問題に関することを人に話すことなんだよね。」

弟「うんうん」

 

かねごん「人に話して、自分の中にあるものを表現して、相手にそれを分かってもらったら、自分なりに救われた気持ちになれるのね。」

弟「へー。とりあえず、何か起こったら話すんだ。」

かねごん「そうなんよ。」

 

弟「男は?どうするん?」

かねごん「男の人は、何か自分のストレスを感じたら、自分の神経をそのストレスの原因一つに集中して、戦って倒してしまおうとするん。」

弟「なんかゲームみたいだな。でも言われてみたらそうかも。自分で考えて何とかして解決しよう
って思う。」

 

かねごん「しかも、その集中してるときは他の忘れちゃわない?彼女に連絡取るとかさ。」

弟「うん、忘れるっていうか、解決策が見つかるまで『バイトどうしよっかな~』って考えることが
中心になってる。」

 

かねごん「そう。それで彼女は、なんかあったとき自分だったら話すのに、相手は何も自分に相談せずに考えてたっていうのが悲しかったんやろうね。」

弟「なるほどね。」

 

かねごん「女の人にとっては、相手を助けようって手を差しのべることが、その相手を大切に思っていることの証なんだよね。」

弟「そっか、俺を助けるために話を聞いてくれようとしてたんやね。」

 

かねごん「だね。それとは対照的に男の人はまず、自分の問題を一人で集中して考える。」

弟「確かに。」

 

かねごん「1人で考えて、どうしても助けが必要だと思ったら、自分が尊敬している相手を探し出して、その問題のことを打ち明けてアドバイスをもらうんだって。」

弟「今回は自分だけで考えたけど、どうしても分からなかったら、そのことに詳しい先輩に相談するな。というか、今まさにお姉ちゃんに相談してるのもそういうことか。」

 

相手との違いを知って、うまく付き合っていく

かねごん「まぁ、一概に『男だから』『女だから』って分けられないけどね。私の周りで、女の人で本当に悩んで初めて詳しい人にアドバイスを聞くって人もいるし、男の人で、悩んでる途中のことを話してくれる人もいるしね。」

弟「そうだね。」

 

かねごん「女性という性と男性という性の傾向としての特徴っていうことであって、私も女だからって男っぽい考えがないわけじゃないからね。」

弟「確かにある(笑)でもその違い知ってたら、ちょっとは相手のこと考えてうまく付き合っていける気がする!」

 

かねごん「そうだね、お互いに相手がそうなのかもしれないって思ったら、無駄にイライラしなくて済むからね。彼女に『一人で解決してみたかった』って伝えてみたら?」

弟「そうする。ありがとーお姉ちゃん!」

 

※弟との会話はフィクション、“弟の彼女”は想像上の人物です(^^)


The following two tabs change content below.
かねごん

かねごん

臨床心理学専攻の女子大学院の1年生(アトピー療養のため、1年間休学してました)。富山出身、晴れた日に見える立山が大好き。好きな歌は阿部真央の「Believe in yourself」。趣味は料理、カフェ巡り、美術館巡り、読書、スポーツ、旅行などなど。自分のからだのために、主に和食なごはんを手作りしてます♪

 - 心理学•こころ, , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。