グルテンフリーでアトピー改善のための食事レシピ!もっちり玄米粉と長芋のお好み焼き

   

こんにちは、かねごんです(^^)

この記事では、自分がアトピーの改善のために、こだわってきた手作りレシピを紹介します。

今回は小麦粉不使用!玄米粉を使ったお好み焼き風なレシピ。

 

今、グルテンフリーしてるよー

という方でも食べられるメニューです。

 

手作りポン酢のレシピもあります(^^)

 

もっちり玄米粉と長芋のお好み焼き

もっちり玄米粉と長芋のお好み焼きのレシピ

満腹感ばっちりなお好み焼き。小麦粉ではなく、玄米粉と長芋を使います。なぜか無性に食べたくなる粉もんレシピです。
ジャンル 一品料理
料理 和食, 簡単料理
下ごしらえ時間 10 minutes
調理時間 15 minutes
合計時間 25 minutes
分量 4 人分

材料

  • キャベツ  1/4玉
  • 長芋   120g 里芋でもOK
  • 玄米粉  50g 米粉でもOK
  • 卵  2個
  • かつおぶし お好みで
  • 油  適量
  • 長ネギ  お好みで
  • ソース  お好み ポン酢でもあっさりとして○

使う調理器具

  • 包丁、まな板
  • ボウル
  • フライパンorホットプレート
  • (ポリ袋、すりこぎなど)
  • おたま

作り方

  1. 長芋は皮をむき、すりおろす。(※手がかゆくなりそうだったら、ポリ袋に入れて、すりこぎなどで叩いてつぶしても良いと思います。)
  2. キャベツは千切りし、食べやすい長さに切る。
  3. ボウルに、1の長芋、2のキャベツ、卵をいれ、混ぜる。
  4. 3に玄米粉を加え、混ぜる。
  5. フライパンに油を敷き、熱し、お好みの量の4を流し入れ、焼く。
  6. 焼き色がついたらひっくり返す。
  7. 裏面、中もしっかりと火が通ったらさらに盛り付け、ソース・かつおぶし・長ネギをかけて完成。

レシピメモ

たま無性に食べたくなる粉もん。

こちらのレシピでは、栄養価がより高い、玄米粉を使いました。

玄米粉でなくても、米粉でも良いと思います。

 

手の荒れやかゆみが気になるときは、すりおろさずに、たたきつぶす

アトピーの症状が手に出ていると、

 

直接食材に触れるとき皮が落ちるかも…

 

手で混ぜたり、すりおろしたりするとかゆくなりそう…

という、イヤーな気持ちがつきまといますね。

 

せっかく食べたいものを作りたいのに、「作る過程に直接手を使う場面があるから、やめよう」と諦めるのは悔しいですね。

 

そんなときは、ポリ袋やすりこぎなどの道具を使いましょう!

てれれてってれー♪

 

 

ということで、今回のレシピでは、長芋をすりおろすところを、ポリ袋に入れてすりこぎでたたきつぶしました。

 

この方法は、以前紹介した、長芋ソースを使ったグラタンを作ったときに使った技!

レシピはこちら↓

豆腐を使ったアトピーのための食事改善レシピ!豆腐とわかめと長芋の和風グラタン

 

たたきつぶすと、長芋の小さい固まりが残って、お好み焼きを食べたときに食感のアクセントにもなります。

もし、滑らかな長芋とろろにしたければ、丁寧にたたきつぶしてくださいね。

 

 

すりおろすと、結構力がいるので、疲れてしまいますよね..。

 

しかしこのすりこぎなどで叩きつぶすのは、そんなに力がいらないし、ストレス発散にもなります。笑

 

かねごん
手も汚れないし、ストレス発散にもなるし、おすすめ☆ミ

 

 

お好み焼きなのにソースとマヨネーズをかけない

お好み焼きといえば、このコテコテのソース!マヨネーズ!

 

…なんですが。

 

私はこの2つを家に常備していません。

 

その理由はこちら↓

アトピーのための食事改善レシピ~常備&手作り調味料~

 

 

なので、手作りポン酢をかけました。あっさりしていておいしかったです(*^^*)

 

かねごん
ここまですると、お好み焼きじゃなくて、チヂミかも…?笑

 

 

ソースとマヨネーズをかけるか否か

 

ソースやマヨネーズの原材料、別に気にしてないよー

 

という方は普段お使いのものがあれば使ってくださいね!

 

 

どうしても、ソースやマヨネーズでお好み焼きを食べたいけど、原材料が気になる…

という方は、こんなステキなこだわり調味料を買ってみても良いかもしれません。

 

有機野菜や果物の甘味や旨味で作られた、白砂糖・動物性原料・化学調味料を使っていないのソースやマヨネーズがあるみたいです(^^)

 

オーサワのソース

オーサワのお好みソース

オーサワのお好みソース

posted with amazlet at 18.03.08
オーサワジャパン
売り上げランキング: 11,962

オーサワの豆乳マヨネーズ

オーサワの豆乳マヨ

オーサワの豆乳マヨ

posted with amazlet at 18.03.08
オーサワジャパン
売り上げランキング: 6,633

 
 
わたしはこのソースとマヨネーズを行きつけの自然食品店で見かけて「いいなー」と指をくわえて見てます。

たぶん買っても使いきれないだろうから、買いません。

 

どうしてもマヨネーズの味が欲しいときは、手作りしちゃいます。

また手作りマヨネーズレシピも紹介します(^o^)

 

手作りポン酢のレシピ

かねごん
「手作りポン酢作ってみようかな」という私に付き合ってくれるこころ優しい方!いませんか!?

 

かとりーぬ
はーい

 

かねごん
かとりーぬか…笑

 

 

手作りポン酢

簡単!手作りポン酢
ジャンル 調味料
料理 和食
合計時間 5 minutes
分量 100 cc

材料

  • 醤油 50cc
  • 米酢 25cc
  • みりん 15cc
  • レモン果汁  30~50cc

作り方

  1. 醤油・米酢・みりんを鍋に入れて、中火にかける。
  2. ふつふつとしてきたら、火からおろして冷ます。
  3. 冷めたら、お好みの味になるまでレモンの果汁を入れて、軽く混ぜて完成。

レシピメモ

手作りポン酢なので、1週間程度で使いきるように心がけています。

 

 

かとりーぬ
ポン酢ってこんなに簡単にできるんだねー!

 

ということで、グルテンフリーなもっちりお好み焼きをご紹介しました!

 

避けるべき食材を食べられる食材に代えて、食べたいものを楽しみましょう(*^^*)

 

 

アトピー体質な自分が食べられるものを作る

アトピーを改善するために食べ物のことを調べると、ネットや本などたくさんの情報が溢れています。

 

情報を知れば知るほど、症状に悪影響を及ぼす食べ物が多すぎて、「いったい何なら食べれるの?」と混乱することもしばしば。

 

私はこれからアトピーを改善していくためにも、生きていくためにも、花嫁修行のためにも

「なるべくアトピーを悪化させない、体のためになるものを手作りして食べよう」

と決意しました。

 

その手作りしてきた料理を紹介していきます。

 

ちなみに、アトピーになる前、ほとんどの作るおかずは肉野菜炒め。

あんまり凝った料理するタイプではありませんでした。

 

 

しかも、10か月前はひじがひびわれるまで掻きこわしてしまい、フライパンをふるのも痛くてできませんでした(*_*)

しかし、アトピー改善の料理を作ってきたおかげで、2か月後には楽にふれるようになりました。

 

とは言っても、料理経験が豊富なワケでも、どんな調味料も揃える!という思いはないです(^^)

シンプルな調味料で、なるべく簡単にできる料理を作るよう心がけています。

 

料理をする前に調味料を確認!

これから料理をする前の準備として、調味料をこだわることも大切です!

実は原材料をよく見てみると、アトピー体質な人にとって良くない材料が入っていることも。

 

使わない食材と調味料

また、紹介するレシピは、基本的に以下の食材や調味料は使わないレシピ、またはアレンジしています

•白砂糖

→てんさい糖(きび糖でもOK)にアレンジ

•小麦粉

→米粉や玄米粉にアレンジ

•オリーブオイル、キャノーラ油以外の油

•よく分からない添加物が含まれている調味料、食材

•私のアレルギー反応が出ると思われるもの(刺身、青魚)

 

アレルギーが出る食材は、人によって違います。

自分の身体と相談して、食べる食材を選んでくださいね(^^)

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

 

The following two tabs change content below.
かねごん

かねごん

臨床心理学専攻の女子大学院の1年生(アトピー療養のため、1年間休学してました)。富山出身、晴れた日に見える立山が大好き。好きな歌は阿部真央の「Believe in yourself」。趣味は料理、カフェ巡り、美術館巡り、読書、スポーツ、旅行などなど。自分のからだのために、主に和食なごはんを手作りしてます♪

 - おうちごはん, アトピー, 食べる , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。