やる気スイッチの入れ方知ってますか?「のうだま やる気の秘密」

      2018/07/14

こんにちは!最近ラジオ体操を始めました。かねごんです(^^)

 

このかねごんの心理学では、心理学をかじっているかねごんが、日常で役立ちそうな、もっとみなさんに知ってもらいたい心理学の豆知識をお伝えしていきます!

 

さて、今回のテーマは「やる気スイッチをONにする方法」。

参考図書は「のうだま―やる気の秘密 上大岡トメ・池谷裕二(著)」。

「やらなきゃいけないのに、なかなかやる気にならない・・・(><)」ってことありますよね。
そこで、今回はある脳の部位に注目して、「やる気を出すためのスイッチ」について弟と話しました。

 

やる気スイッチは、どこにある?

弟「お姉ちゃん~大学の課題でレポート書かなきゃいけないんだけど、全然やる気出ないよー(*_*)」

かねごん「とうとうこの時期が来たねー!初めてだと、どう書いたらいいか分からんし、やり始めるの大変かもね。“やる気を出すためのスイッチがある”って知ってる?」

弟「あーよく塾のCMとかで言ってるよね。」

かねごん「そだね。『そんなの塾の誘い文句で言ってるだけだろうな』って思ってたけど、本当に脳の一部にそういうスイッチの役割をするところがあるみたいだよ。」

弟「本当にあるんだ!」

かねごん「『淡蒼球(たんそうきゅう)』っていう脳の部位がやる気を出すために動かすところらしい。
その淡蒼球を動かすことで、動物は“何かをやろう”っていうやる気が出るみたい。」

弟「へー!そんなのがあるんだ。」

 

 

4つのやる気スイッチがある

1「スイッチB」とりあえず、体を動かそう!

かねごん「そのやる気を出すためのスイッチは全部で4つあるの。1つ目が『スイッチB(Body)』。このスイッチは脳の運動野にあって、体を動かすことで入るスイッチなんだって。」

弟「体を動かす…。じゃあ、レポートするために机の上に授業のプリント出したり、パソコン開いたりするってこと?」

かねごん「そういうこと。あと、私の心理学の先輩が笑顔の研究をしてたけど、人って、『楽しいから笑う』だけじゃなくて、『笑うから楽しい』にもなれるんだって。先に体を動かすと、気分が変わるってことだよね。それと同じで『やるからやる気が出る』っていう、先に体を動かすと気持ちもついてくるってことやね。」

弟「なるほどね。」

 

2「スイッチE」いつもと違うことをしてみよう!

かねごん「2つ目は『スイッチE(Experience)』。いつもと違う事をすることで入るスイッチ。」

弟「なんとなく分かる気もするけど、なんで違うことしたらやる気になるん?」

かねごん「このスイッチは、脳の海馬と前頭葉を活性化させるのね。

海馬:記憶や空間学習能力に関わる脳の部位
前頭葉:生きていくための意欲に関係している脳の部位

だから、新鮮な経験をすることで、この2つを活性化させることでやる気が出せるらしいよ。」

弟「海馬はよく聞くけど、やる気を出せるかどうかにも関係するんだー。なら、俺の場合は、レポー
トを書くこと自体が初めての経験だから、お姉ちゃんよりはやる気になるはず(笑)」

かねごん「そういうことや、がんばれ(笑)」

 

3「スイッチR」自分にごほうびをあげよう!

3つ目は、『スイッチR(Reward)』。これは、ご褒美を与えることによって入るスイッチ。これは分かりやすいね。」

弟「ご褒美・・・このレポート書き終わったら、思う存分、漫画読んでゲームする!とかやね。」

かねごん「私は、レポート書き終わったら、お菓子を食べる、かなぁ。」

 

4「スイッチI」できる人になりきれ!

かねごん「4つ目は『スイッチI(Idemotor)』。なりきることによって入るスイッチだって。」

弟「なりきる??どういうこと?」

かねごん「例えば、ちょっと綺麗めな服着て、おしゃれなカフェに行って、仕事できるかっこいい風のお兄さんになりきってレポート書くとか。自分はそのお兄さんだって思い込んで、レポートをどんどん
進めていけるイメージして、やる気出していくんやね。」

弟「それもいいね、楽しそうやな~。」

かねごん「分かりやすいのは、スポーツ選手。本田圭佑とかイチローは小学校の卒業文集で、具体的な将来の夢をイメージして、それを書くことで、実際に一流の選手になってる。

具体的に自分の姿をイメージする

やる気になる

練習を頑張る

夢を現実にした

だよね。」

弟「そっかー。スポーツでも言えることなんだな。」

 

まとめ

かねごん「ということで、淡蒼球を動かすやる気スイッチは全部で4つ!

1『とにかく体を動かしてみる』
2『いつもと違う事をしてみる』
3『それが終わったあとのご褒美を決めてみる』
4『できる人、未来の自分を想像して、なりきってみる』

1つでも全部でもやってみて、早くレポート書いてしまっちゃおー!」

弟「ほーい、がんばってきまーす(*・ω・)」

 

※弟との会話はフィクションです(^^)


のうだま1 やる気の秘密 (幻冬舎文庫)

↑クリックすると通販サイトに飛べます🐥

 

The following two tabs change content below.
かねごん

かねごん

臨床心理学専攻の女子大学院の1年生(アトピー療養のため、1年間休学してました)。富山出身、晴れた日に見える立山が大好き。好きな歌は阿部真央の「Believe in yourself」。趣味は料理、カフェ巡り、美術館巡り、読書、スポーツ、旅行などなど。自分のからだのために、主に和食なごはんを手作りしてます♪

 - 心理学•こころ, , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。