愚痴聞きたくない時は 共感じゃなくて、理解と分析をしよう

      2018/03/02

こんにちは、かねごんです(*・ω・)

周りの人の愚痴を聞くこと。みなさん経験があるのではないでしょうか?

 

愚痴を言うとすっきりするときもありますよね。

ここで、愚痴の意味を確認します。

愚痴

言ってもしかたのないことを言って嘆くこと。「くどくど―を並べる」

引用元 goo辞典

そうなんです。言ってもしかたのないことを嘆く。

 

悩みを相談や意見を言うのはいいんです。それを解決しようとしてることがその人から感じられるので。でも愚痴となると、解決する気が感じられません。

 

これは、私はうじうじしているのがあまり好きではないからだと思うのですが…。

前に進まずになんでそんなにぐちぐち言うのかなーって思ってしまいます。そういう話になると「つまらんなー(-_-)」モードになります。

 

なんで愚痴を言うのか?

といっても、愚痴を言っている人は、「自分が愚痴を言っている」と自覚しながら言うことは少ないのではないでしょうか。

・共感してほしいから

・自分の思いを相手に伝えたいから

・「頑張ってるね」と言われたいから

・イライラを発散したいから

 

愚痴を言ってしまう理由はたくさん考えられますね。

(…実は、私もなにかしら言っていることもあるのかも。)

 

ネガティブ共感とポジティブ共感

私は、「なんで愚痴を言っている人が多いんだろうな~」とこれまで思ってきました。しかし、この記事を読んでちょっと分かった気がしました。

「僕は何をやってもダメだ…」 彼のネガティブ発言の多さに限界 彼のためにできることはあるの?【はあちゅうの塩対応人生相談】 

 

この記事から分かったことは、

・共感には「ネガティブ共感」と「ポジティブ共感」の2つある

・ネガティブ共感で人とつながって、「大変なことを一緒に経験している」という仲間意識を感じる

 

こういう形の人とのつながり方なんですね。

 

この記事を読んで、改めて

かねごん
私はポジティブ共感し合える人とつながっていきたい!

と思いました。

 

愚痴は共感しなきゃいけないもの?

そんなに仲良くしなくてもいい人なら、愚痴を言っていても、「あー言ってるなー」と流せますよね。

 

しかし、自分の身の周りにいる人だと、簡単に流すことはできません

私は相手から愚痴を話されると、「わー始まった…どうしよう」と困ることがあります。

 

そんなときの私の愚痴に対する抵抗とその結果がこちらです(*・ω・)↓

・そっけない返事をして、興味ないアピール

→わたしが話を聞いてくないと分かり、雰囲気が悪くなる

・「大変だね、頑張ってるね」と労う

→相手「そうなんだよーそれでさ…」と続きを話し始めてしまう

・「これはこうじゃない?」とアドバイス

→「そうだけど、でも…」と相手は否定されたような感じを受ける

 

どの抵抗もその場の雰囲気を悪くしたり、愚痴を止めたりすることはできませんでした。

 

こんな経験をして、場を一番丸くおさめる方法は、話を聞いて、相づちを打って共感することなんだなぁと感じました。

 

愚痴は共感できないけど、理解して分析する

それでも、どうしても相手の愚痴に共感できないときもあります。

 

そんなときは、相手の言っていることを共感じゃなくて、理解することにしました。

 

かとりーぬ
愚痴を共感じゃなくて、理解するってどういうこと?

つまり、相手の気持ちと同じような気持ちを感じられなくても、相手が話している言葉を頭で分かろうとすること。

相手の話聞けば、理解することはできますよね。

 

そして、その理解したことを分析します。

相手の年代・相手の置かれている状況・その理解した内容をひとまとめ

このくらいの年代の人は、こういう状況でこんなことを感じるんだ

という1つのデータのようなものにします。

 

相手の愚痴を理解して分析すると、相手の話も聞いて相づちを打つことができます。

また、自分の感情をかき乱されることも少なくなります。

 

愚痴を理解と分析する練習だー!

ということで、愚痴を聞くことについてでした。

 

どうしても聞いた方が良さそうな愚痴は、話を理解して、分析してみることを試してみたらどうでしょうか。

 

いきなり、自分の頭を「愚痴聞きたくないモード」から「理解・分析モード」にするのはなかなか難しいですけどね!

どうしても聞きたくないなーというときに練習したいと思います(^ω^)

「もっとやさしい解決方法ないのー?」と感じた方はコチラ↓

心地良い人付き合いをするためには「真ん中」を見つける

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(*^^*)

The following two tabs change content below.
かねごん

かねごん

臨床心理学専攻の女子大学院の1年生(アトピー療養のため、1年間休学してました)。富山出身、晴れた日に見える立山が大好き。好きな歌は阿部真央の「Believe in yourself」。趣味は料理、カフェ巡り、美術館巡り、読書、スポーツ、旅行などなど。自分のからだのために、主に和食なごはんを手作りしてます♪

 - かねごん哲学 , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。